ニキビ跡とは?

嫌なニキビがやっと治っても、ニキビの跡が残ってしまい更なる深い悩みの種になってしまうことがあります。

 

このようなニキビ跡とはいくつかのタイプがあるので、自分のタイプを知ってからケアすることが肝心です。

 

間違ったケアをしてしまうことで、症状を更に悪化させてしまい悪循環に陥らないように正しい知識を身につけることが大切です。

 


ニキビ跡とは4種類のタイプが存在します!

赤く炎症になるタイプ

ニキビの腫れが落ち着き盛り上がりは沈静化したものの、赤みが残ってしまった状態です。
肌内部ではニキビの炎症による損傷を治すために、毛細血管を豊富に形成しています。
大量の毛細血管による影響で赤みが出るとされていますが、症状としては比較的軽度なので正しいケアを行えば完治することが多いです。

茶色くなるタイプ

ニキビの炎症が落ち着いた後に、患部が茶色いシミのように色素沈着してしまう状態です。
ニキビが治りかけた時期に紫外線を多く浴びることにより、発生するという説が濃厚です。
このニキビ跡とは肌のターンオーバーが正常に行われれば、自然に目立たなくなることがあります。
自然に消えない場合には、シミを改善する原理でケアを行えば完治することも多いといいます。

クレーターになるタイプ

ニキビの炎症が悪化して、肌が凹凸になりボコボコとした見た目になる状態です。
ニキビ跡の中でも重度であり、簡単には完治できない症状でもあります。ニキビの炎症の段階で強い刺激を与えることにより、皮膚の真皮のコラーゲン組織が破壊することが原因だとされています。
減ってしまったコラーゲン組織が皮膚の凹みに繋がりクレーター状に定着してしまいます。
治療には専門の皮膚科医の元に、正しいケアを続けることでニキビ跡を目立たなくさせることも可能です。

しこりになってしまうタイプ

炎症が酷いニキビの場合に、ニキビ跡がしこりのように固く盛り上がることがあります。
ニキビの炎症により肌の奥まで化膿してしまい、皮膚細胞に悪影響を及ぼすことが原因です。ニキビの炎症を治そうと作用する細胞が過剰に発生し余ってしまうことで、皮膚にしこりとなって発生するのが原理です。
特に痛みは伴いませんが、顔の印象に大きく左右するので治療をした方が良いといえます。

 

このようにニキビ跡とは様々なタイプが存在するので、それぞれのタイプ別に適切なケアをしてあげることが何よりも大切だといえます。

膿ニキビはニキビ跡になりやすいのに早めに改善を!

膿ニキビはニキビ跡になりやすいものであり、ニキビには段階があり炎症を伴うようなニキビは悪化したものであり、炎症や膿が溜まる状態になると肌の奥にある真皮層にまで達して傷を付けてしまい、ニキビが治ってからも色素沈着やデコボコの跡として残る事にも繋がります。

 


ニキビ程度と放置していると悪化を招きますし、赤く腫れたり膿が溜まるような段階までニキビを放置しない事が重要であり、炎症を伴うようなニキビが出来た時にはクリニック等で治療を行う事が望ましいですし、早い段階で治すと跡残りリスクを減らす事が出来るものです。

 

肌の生まれ変わりでは真皮層のダメージは改善する事は無いですし、ニキビ跡は何年も残ってしまう事にもなりますから、出来た時には新しいニキビを発生させないようにケアをして、真皮に働きかけるような治療を行う事が必要になります。

 

ニキビが悪化する原因と対処法

肌が正常に働いていない場合が多く、肌は水分と皮脂バランスが整っていると外部からの紫外線や細菌から保護するバリア的な機能が働く事になり、ニキビを悪化させたり発生自体を防ぐ事になりますし、バリアの機能が上手く働いていると治りも早くなります。

 

菌の増殖を防ぎますし、普段から清潔に洗浄して保湿作業を行う事が肌を正常に保つ為には必要なケアになりますから、洗浄して保湿ケアは徹底しておくと良いでしょう。

 

乾燥した状態の肌になると水分保湿力が無くなってバリア機能も失い、肌は細菌繁殖しやすく水分も保てない事になりますし、皮脂が過剰分泌を起こしてニキビ原因にも繋がってしまいます。

 

こういう状態の肌はニキビ悪化しやすいですし、保湿力を高めて乾燥肌状態を防ぐ事はニキビ跡に発展させない為の予防にもなりますから、普段から洗顔を徹底して保湿作業も行い、スキンケアを継続的に行う事は必要です。

 

外部だけではなく生活習慣にも気を配ろう!

外部からのスキンケアだけではなく、食事や運動、睡眠といった生活習慣全般を整える事も必要であり、油モノを控えたり、食物繊維を摂取して腸内を綺麗にする事は美肌作りにも繋がりますし、ニキビからの抵抗力もつける事になります。

 

睡眠不足もニキビ原因となり、睡眠をたっぷりと取ると免疫力や代謝力が高まって、菌への抵抗力もついて臓器の働きも良くなったり、ニキビを改善させる上でも重要な要素です。

 

いずれにしても外部からのスキンケアと生活習慣を整えてニキビを発生しにくい状態に変えて、ニキビ跡リスクを減らしていく事が望ましいでしょう。